• 現在地:  
  • ホーム
  • 千葉フィルを聴こう!

千葉フィルを聴こう!

千葉フィルの演奏会に出かけませんか?千葉フィルハーモニー管弦楽団では、毎年1月と8月に演奏会を開催しています。いつも全力で音楽を表現する千葉フィルの音楽をぜひお聴きください。

第64回演奏会

64th concert thumb

日程:2019年8月12日(月・休) 13:30開演(12:45開場)
会場:習志野文化ホール
指揮:金子 建志
演目:

  • コープランド/交響曲第3番
  • ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界より」

当日券あり(全席自由: 1000円)

前売券販売所:

  • 習志野文化ホール(TEL 047-479-1212)
  • 伊藤楽器 北習志野(TEL 047-465-0111)

受け継がれたものと受け継つがれなかったもの -アメリカ音楽の創出-

ボヘミア(チェコ)に生まれたドヴォルザークはヨーロッパで作曲家としての名声を確立した後、招かれてアメリカ合衆国に渡り、ニューヨークの地で作曲を教えることとなる。19世紀も終わりに近いその頃のアメリカ合衆国は、新興国として沸き立つエネルギーに満ち溢れていた。その地でドヴォルザークが作曲したのが、《新世界より》。この交響曲において、ドヴォルザークは必ずしも「アメリカ的」な音楽を書いたわけではないが、「アメリカ的」な音楽を捜索する際の一つの方法論を示す。

そして20世紀。2回目の世界大戦が終わるころには、アメリカ合衆国は政治的にも経済的にも、ヨーロッパ諸国を差し置いて世界の最強国に躍り出る。ここで必要とされたのが「アメリカ的」な音楽だった。クラシック音楽における「アメリカ的」な音楽とは?その問いに真正面から挑戦したのが、アーロン・コープランド。実は、コープランドはドヴォルザークの孫弟子にあたる。ドヴォルザークの教え子が、コープランドの作曲の先生だったのだ。しかし、聞けばすぐにわかるように、ドヴォルザークの音楽とコープランドの音楽は趣を全く異にしている。コープランドはドヴォルザークからの教えを受け継がなかったのか。しかし、確かに受け継いだものもあるだろう。受け継いだものと受け継がなかったもの、伝統と革新。クラシック音楽という、ヨーロッパからの深い流れに乗りつつも、コープランドが新たに創出しようとした「アメリカ音楽」とは―。

2019年1月に《レニングラード》で習志野文化ホールを興奮と熱狂で満たした金子建志と千葉フィルが、ロシアから一転、今度はアメリカものに挑む。特にコープランドでは、近年になって再評価が進む原典版エンディングでの演奏となる。コープランドとドヴォルザークという、相反すると思われる二つの交響曲を続けて演奏するという、このスリリングな試み。ロシアからアメリカへ。今度の千葉フィルもまた、聞き逃すことが出来ないだろう。

第63回演奏会へ寄せられた声

千葉フィルハーモニー管弦楽団 第63回演奏会は、盛況のうちに終了しました。ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。

第63回演奏会にご来場者いただいた皆さんから多くのお言葉をいただきました。団員一同感謝しております。その中から、印象的なコメントを紹介させていただきます。

迫力!重厚かつ華やか。背中がビリビリとシビれました!(チャイコフスキー「1812年」について - 60代男性)

金子建志おそるべしですね!長年レコ芸を読んだりNHK FMでの金子さんの話を聞いて、そのするどい分析にいつも舌を巻いておりましたが、まさにその分析のすごさをまざまざと見せつけてくれました。評論をする人が指揮をするという実にリスキーな行動を見事に克服されていることに驚きを隠せません。(ショスタコーヴィチ「交響曲第7番」について - 60代男性)

すごくドキドキしてすてきでした!ブラボー‼(ショスタコーヴィチ「交響曲第7番」について - 10代男性)

前評判の高い千葉フィルを聴きに目黒から来ました。千葉フィルは初めてですが、さすがにレベルの高い演奏でした。各自が自分のパートを責任をもって正確に音を出していました。わざわざ目黒から聴きにきた甲斐がありました。(チャイコフスキー「1812年」について - 60代男性)

迫力があり、とても素敵でした。バンダの奏者が出てきた瞬間、音が鳴った瞬間にとてもドキドキしました。(チャイコフスキー「1812年」について - 30代女性)

正月早々、素晴らしい演奏を聴かせて頂き、ありがとうございました。一人一人の演奏技術の高さと、それをまとめる指揮者の音楽性が見事に一致して迫力のある演奏でした。(ショスタコーヴィチ「交響曲第7番」について - 60代男性)

すばらしい演奏でした。感動して涙が出ました。(ショスタコーヴィチ「交響曲第7番」について - 60代男性)

圧倒的な名演。金子さんの演出(小太鼓の配置、両サイドの金管、弦の立奏、最後部の金管3人移動)の妙もあり、とにかくよかった。うまい‼ふだんは、ロストロポーヴィチ ナショナル響のCDを聞いているが、生演奏の素晴らしさ。感動のあまり、フィナーレでは久々に涙が出た。ありがとうございました。(ショスタコーヴィチ「交響曲第7番」について - 60代男性)

パワーとハーモニーが両立した素晴らしい演奏でした。とても感動しました。(チャイコフスキー「1812年」について - 60代男性)

繊細かつダイナミックな表現力にあふれた好演でした。演奏技術は文句の付けようがありません。(チャイコフスキー「1812年」について - 50代男性)

重厚な弦の演奏に始まり、期待どおりの素晴らしいものでした。管もよく鳴っていました。フィナーレの盛り上がり、まさに最高といえましょう。貴楽団のレベルの高さを実感しました。(チャイコフスキー「1812年」について - 60代男性)